輪投げは人を若返らせる!?


みなさんはいつまで輪投げをされていましたか?

「幼稚園の時にはしていたけど、大人になってからはやったことがない」

という人が多いかと思います。確かに大人になると輪投げをする機会は少なくなります。

しかし、高齢者にとって輪投げをすることは、なかなか良い効果があるということです。

ここ「レインボー恵」でも月に一回ぐらいのペースで輪投げをレクリエーションで行っています。ルールはいたって簡単で、各自に五個の輪を渡して的にめがけて投げてもらい輪が入った数を競います。

ところで、輪投げを投げるというのは思ったより体を使います。輪を握る握力、投げる腕力、微妙な力加減が必要で高齢者のリハビリやトレーニングに効果があります。

また、的の台には赤・青・黄・緑の色が付いていて、好きな色にめがけて輪を投げてもらっています。ちなみに赤色は暖かい、青色は冷たい、黄色は元気になる、緑色は安らぐなど気持ちをコントロールする性質を色には持っています。

施設長たむら
普段は元気のない利用者様も輪を投げる時には真剣です。特に得点争いになると目をキラキラと輝かせて投げています。
闘争心とは人を若返らせる良い薬なのかもしれません。