うどんの日

いつもありがとうございます!レインボー恵です!
皆様ご存知ですか?7月2日は「うどんの日」ですよ!
暦の上では7月2日は「半夏生」ですが、
1980年に香川県生麺事業協同組合が「うどんの日」と制定しました。
半夏生は夏至から数えて11日目で、毎年7月2日頃から7月7日の七夕の間になりますが、
この時期は農家において田植え終了の目安になります。
讃岐地方の農家では、半夏生の頃、田植えが終わったことの労をねぎらう為に、
うどんを打ってふるまう風習がありました。
そのことから「半夏生」=「うどん」となり、うどんの日制定につながったようです。

レインボー恵の利用者様にうかがうと、
農家の方が多く、やっぱりうどんを作って家族や田植えを手伝ってくれた人に
ふるまったそうです。
昔は皆さん自分で麺を打っていたんですね!

本日はおやつにかけうどんを利用者様に召し上がっていただきました。
皆さんさすが香川県民!うどんには目がないようです!

農家も以前に比べれば少なくなっているでしょうが、
うどんの日という素晴らしい風習は大切に受け継いでいきたいですね!
利用者様が美味しそうにうどんを食べる姿を見ながら
そう思いました。