針供養

こんにちは!レインボー恵です!

今日は「針供養」の日でした。
最近、お裁縫をされる方は減ってきている気がします。

デイに来られている女性利用者様も若い頃、針を持たれていたようですが、
服を仕立て直したことなどお聞きしたことがあります。
昔は、今のように便利な世の中ではなかったのでミシンがなかった頃は、
ひと針ひと針せっせと縫われたとのことでした。
心のこもったお洋服はきっと大切にされただろうな、と思います。
京都など関西では十二月八日に、裁縫を休み、折れた針の供養をするそうです。
大事な衣類の中にきっと手縫いの物があると思うので今度見せていただこうかな、と思いました。

針1本に心をこめて・・・