— 新聞記事 —

いつもレインボー恵 ホームページをご覧いただき
                ありがとうございます。

新聞などで、今後30年以内に宮城沖領域でM7~M7.5の地震が
起きる確率が90%との記事が載っています。

記事を見て、「怖いな、大丈夫かな」など不安がどんどん増えない為にも、
日頃より防災の知識と準備をしっかりとしておきたいものです。
                   

当施設でも、ご利用者様の一日の日課を通して、災害時の避難方法を細かく
幾つもの場合を想定した避難方法の再確認・再検討が必要だと感じております。
例えば、
◆ デイサービスご利用中の時か、居室でお過ごしの時の避難方法の違い。
◆ 停電しているか、停電していないかの避難方法の違い。(酸素機器やエレベータなど)
◆ 明るい日中での避難方法、暗い夜間時での避難方法の違い。
                            等
上記をもとに防災に対する勉強会を行うことや、
  ◇ 今の状況で地震が来たらどうする?◇
   という常日頃からの意識付けや、その場その場で問題点を挙げることも大事です。
        
    防災の知識と万全な備えがあれば、不安感は安心感に変わっていきます。

     
             ご利用者様 2月の様子
         ☆職員と☆         ☆ご主人さんと☆
     

明日からは3月です。
少しずつ暖かくなって春風が気持ちいいですね♪