夏の終わりに

ブログ

夏の終わりに

2020/09/02

夏の風物詩

8月の終わりに とうとう夏が終わるかなと、夏の絵本を皆さんに見て頂きました。

時は昭和。戦後の穏やかな海辺の村の絵本です。家の縁側や扇風機や風鈴、海の家とゴザにスイカ。坊主頭の男の子とおかっぱ頭の女の子。真っ青な空に入道雲。なんだか懐かしい光景だったみたく、皆さん真剣な表情で見つめられていました。「こんなとこあったわ」「本当にきれいやね」と喜ばれました。

おやつはかき氷。まだまだ残暑が続きます。

夏の〆に冷たいかき氷を召し上がっていただき、「氷は懐かしいわ」「たまにはいいね」ととても喜んでいただきました。きっと秋には秋の楽しみがありますよ。8月は終わるけど、まだまだ残暑は厳しく、台風のシーズンに突入。大きな災害も無く、皆さん健康でいましょうね。

うな重

とても嬉しいことがありました。社長から職員全員にうな重の差し入れです。

コロナの影響で 毎年楽しみにしていた暑気払いも無く… 残念とは思っていましたが、

「この夏も皆さん頑張って乗り越えてくださいました。ありがとうございます。」と、

こちらこそありがとうございます。とても嬉しく、明日からの活力にします。

うなぎ屋さんの鰻はやっぱり美味しかったです。おごちそうさまでした。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。