お彼岸にぼたもち

ブログ

お彼岸にぼたもち

2020/03/24

手指消毒をして

今日はお彼岸だから…

香川県では標本木の栗林公園の桜が咲き、開花宣言が行われました。

本来ならこの三連休、お彼岸ということもあり、皆さん旅行をしたり、お墓参りを兼ねてお花見に…と明るい話題が至る所から聞こえるはずなのですが、ここ近日世界的なコロナウイルス感染拡大や、また東京オリンピックの開催延期か?と心配する声が多く聞かれています。

 

レインボー恵では、皆さんお変わりなく過ごされています。

 

せっかくのお彼岸ですからアルコールで手指消毒を行い、皆さんとぼたもち作りを行いました。

ぼたもち作り

お餅にあんこを包みます

~あんこはこしあん~

お米ともち米を同等の割合で炊飯器で炊きます。ほかほかのお米が炊きあがりました。

炊きあがったお米を綿棒で軽くつぶします。これを「半殺しという」と教えて頂きました。

穏やかでない言葉に驚かれる、Tさん。「全部潰すと皆殺しじゃあ」と面白おかしく言うFさん。笑い声もありにぎやかに潰していきます。皆さんが力を合わせて潰したのでいい感じに出来上がりました。

次にあんこを丸めます。ぼたもちのあんこはこしあんを使います。

 

ぼたもちの出来上がり

~きな粉でお化粧して~

今日はこしあんはもちの中に包み、きな粉をふりかけてお化粧して出来上がりです。出来上がりほやほやのぼたもちを召し上がっていただきました。「おごちそうさまでした」

 春に作るのが「ぼたもち」秋に作るのが「おはぎ」です。花の季節に名前の由来があるのですね。更にあんこは秋に小豆を収穫するので皮が柔らかく、そのまま皮も潰して食べられるため、粒あんをおはぎで、皮の硬くなった季節につくるぼたもちは皮を取り除いたこしあんで作るそうです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。